クリスマスローズの紹介ブログ

クリスマスローズは英国の花

クリスマスローズとはキンポウゲ科クリスマスローズ属の花で、その名のとおりクリスマスの時期にバラに似た花を咲かせることから、名づけられたと言われています。本来はノイガーのみをクリスマスローズと呼び、オリエンタリスはレンテンローズと呼ぶのですが、日本ではどちらもクリスマスローズと呼んでいます。

クリスマスローズの品種改良が最も盛んに行われたのは、ガーデニング発祥の地、ともいわれる英国です。クリスマスローズという名前も元々は、英国のクリスマスの時期に咲くからだ、と言う説があるほどです。さまざまな改良によって、地味だった花は色が増え、上を向き、よりクリスマス向きになりました。

クリスマスローズは、ガーデニングの本家である英国では、バラの次に人気が高い花です。その理由として、名前のとおり、花の少ない冬に開花期を迎えるということ、英国のように冬に気温が下がる土地や、半日陰でも育つと言うこと、さらに現在では花色も増えてクリスマスにふさわしい花だ、と言うことのようです。


★楽天・クリスマスローズ新着情報を調べる
posted by クリスマスローズ at 01:04 | クリスマスローズは英国の花

クリスマスローズの育て方

クリスマスローズのオリジナルとも言える、ノイガーと言う名前は地下の黒く短い根に由来しています。またこの根はヨーロッパでは昔から薬として飲まれていたそうです。また大変強い花で、冬の凍てついた大地で雪を持ち上げて花を咲かせることから、「雪起こし」とも呼ばれています。

クリスマスローズで、我々から見て、花びらのように見える部分は実は、植物学的にはガク片と呼ばれているものです。花弁は退化して蜜管となっており、そのため開花期が長く、観賞用に適しているといえるのです。また品種改良によって色も増え、冬になくてはならない花となりました。

クリスマスローズは、ガーデニングの本家の英国に限らず、世界中で愛されています。改良が進んで、鮮やかになった色の種類が増えた、ということもありますが、まず花の少ない冬が開花期に当たること、さらに、半日陰でも育つ丈夫さを持っていることなどが挙げられると思います。


★楽天・クリスマスローズ人気通販情報を調べる
posted by クリスマスローズ at 01:04 | クリスマスローズの育て方

クリスマスローズの由来

クリスマスローズ、直訳するとクリスマスのバラ、と言うことになりますが、まさにそのとおり、クリスマスシーズンにバラに似た花を咲かせることから、英国でそう名づけられたのです。キンポウゲ科クリスマスローズ属の植物で、花言葉は「慰め」となっています。

クリスマスローズの花の多くが何故下を向いて咲くのか、その理由は明らかではありませんが、一般的には、冬に花を咲かせるので、雪から花を守るためではないか、と言われています。冬の大地で自生し、積もった雪を持ち上げて開花するなど非常に強い花で、「雪起こし」の別名も持っています。

元来クリスマスローズの花自体は、元来、地味な花色が多く、しかもその花は下向きに咲いていました。そのため一部の愛好家のみに愛されるマイナーな花でしたが、英国の故ヘレンバラードを中心とする人々の努力によって、鮮やかな花色,丸弁、上向きの花等の改良が進みました。


★楽天・クリスマスローズ人気情報を調べる



クリスマスローズは、ガーデニングの本家の英国に限らず、世界中で愛されています。改良が進んで、鮮やかになった色の種類が増えた、ということもありますが、まず花の少ない冬が開花期に当たること、さらに、半日陰でも育つ丈夫さを持っていることなどが挙げられると思います。
posted by クリスマスローズ at 01:04 | クリスマスローズの由来

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。